第9回七五西交流会文化祭展示会
平成29年11月18日(土)〜19日(日)
西パーク会場の展示風景

下記のサムネイル写真をクリックすると拡大された写真が表示されます。
その後は、ボタンを押すことでスライドショーとしてご覧になれます。
受付 ―間もなく展示会の開場です―六年生制作のゲームを楽しむお子さんたちどんぐり フォト五七五の展示作品前で記念撮影手作りの手芸品の数々名作の?絵画の展示を楽しむ人たち初出展 花の会のメンバーが作品と一緒に記念撮影写真クラブの展示を楽しむ2日目の終わりにクロージング・パーティクロージング・パーティ 出展者の皆さまありがとうございました 来年もよろしく
下記ポスター・西パークハウスのプログラムは、クリックで別ウィンドウで拡大します

 第9回七五西交流会文化祭展示会(西パークハウスの第15回文化祭展示会)は、2日間に亘り、初日が曇天、2日目は好天にも恵まれ、新たな出展者もあり、管理センターの会場いっぱいの展示となりました。
 数年実施されてきた「スタンプラリー」は、3会場をお互いに回るという交流を深める意義は浸透したものとして今年は中止されました。このためか、五番街、七丁目、その他の来場者が少なくなりましたが、西パークの皆さんの来場者はほぼ例年通りで、延べ来場者数は300人強でした。
 初日が雨天の予報であったため、従来外のテントで「お休み処」を設置していたものを、和室に変更しました。ご利用された方には寒いテントの休憩でなく、落ち着いてコーヒーを飲みながら歓談できたのではないでしょうか。
 七丁目は、西小と横須賀小の展示と併せて、松戸市民交流会館主催の展示会場に変わり、立地条件もよくなったことから大幅な来場者数を数えることとなり、七五西全体ではほぼ前年並みの延べ来場者となっております。

 西パークではスペースの都合で西小の生徒の作品展示は見送られました。また今年は小学六年生が作ったゲームの特別出展がありました。これは欧米で先行している小学生からプログラミングを教育していくというダーウィン計画を日本でもボランティアとして勧めている藤田理事が夏休みに実施した特別企画に参加した六年生が一人で作ったゲームでしたが、すばらしい出来だったのが特筆です。実際に会場でお子さんたちがゲームを楽しんでおりました。
 出展者していただいた皆さま、会場設営、運営にご協力いただきました皆さま、お陰さまで文化祭を無事開催することができました。主催者幹事として心から感謝申し上げます。 
 また、来年も新しくご出展いただける皆さん、あるいはお子様の作品などふるってご参加いただけますようお待ちしております。
西パークの作品集

交流会館(七丁目展示会場)
プログラム

五番街展示会場
プログラム

関連町会等のHP
七丁目町会文化祭展示会へ

コミュニティ五番街
(文化祭展示会は掲載ありません)
  
文化体育部長 傅川 雄生
写真提供:堀江理事長及び編集者
編集:ホームページ制作担当 Y. K.